会社を設立するために必要な初期費用を徹底分析

これで安心?事業展開に必要な費用一覧

おすすめリンク

LAND-FXの口コミ

LAND-FXで出来る取引って何?証拠金取引についてもしっかりお伝えいたします。

最低限の初期費用はこのくらい!

サラリーマンと言えば毎月決まった給与が発生し、会社の為に働くのが一般的です。上司や経営者から指示を受けて働くので責任が少なく、一つの失敗で全てを失うのはよほどの事が無い限りありません。しかし「自分で考える」という機会が少ないので「今どうすべきか?」という局地に立たされた時に折れてしまう可能性があります。

それに比べて事業主は全て自分で責任を取らなければならないので、常に頭をフル回転させていなければなりません。休日を取っても仕事でトラブルが生じればゆっくり休む事は出来ませんし、常に頭がビジネスの事で埋め尽くされます。その分リターンが大きく、自分のアイディアや考えが世に輩出されるのが強みになります。

サラリーマン・事業主どちらも一長一短で、向き・不向きがあります。近年の日本ではフリーランスを含む事業主が増えていて、小規模ながら起業する方も増えています。2010年から毎年事業主が増えている理由は終身雇用の崩壊が引き金になっています。先の見えない不景気だけでは無くリストラなど、会社が自分を守ってくれないので自分の身を自分で守ろうと考える方が増えました。

とは言っても起業するにあたって様々な知識が必要ですし、何よりある程度の費用が必要です。どの程度の費用があれば起業出来るのか。事業展開するに当たって最低限必要な費用、広告の必要性やちょっと考えを切替るだけで出来るコスト削減など事業主に知っておいて欲しい情報を公開しています。

起業・サラリーマンの比較

当然の事ですが事業展開する為には、会社を立ち上げなければなりません。その会社を立ち上げる為に、必要な最低限の費用を公開しています。 設立登記費用はもちろんですが、事務所を構える為に必要なコストも算出しているので新規事業主は参考にしてみて下さい。

忘れてはいけないのが広告費

どんなに良いサービスや製品があったとして誰もその事を知らなければ意味がありません。企業にとって広告は命といって良いほど大切なものであり、力を入れるべき部分です。 事業展開するに当たって、広告費がどの程度発生するかを紹介しています。事業に伸び悩みを感じている事業主は確認して下さい。

うまくコストを削減する方法

ある程度の支出は仕方の無い事ですが運転資金を湯水の様に使ってしまうのは、先を見据えると心配です。 事業展開に差し支えない程度にうまくコスト削減するコツをお教えします。無料サービスをうまく使えば驚くほどコスト削減が出来るでしょう。運転資金確保の為にやってみましょう。